8.格闘中に起きた腰痛が改善しただけでなく正座も楽になった。

お客様写真
しんそう療方®で良くなった症状
2011年6月9日
 主訴  腰痛(格闘技中に起きた)
しんそう療方を
知ったきっかけ
 ホームページ
 今までどのような療法をされましたか。また期間はどのくらいかけましたか。

他で何もしていない。

 それらの療法を受けられた結果はいかがでしたか。
 今回、しんそう療方を受けられてどのように改善されましたか。

調整前は激痛があったが、次の日は痛みがやわらいだ。
何かがよくなったということはないが調整後は正座するのが楽になる。
腰痛は改善した。

 このしんそう療方®を経験されて、
同じような症状で悩んでいる方に一言アドバイスをお願いします。


歪みは誰もが生じているものだと思うので、どこかが悪くなる前に定期的にメンテナンスを受けたほうがよいと思います。
(メンテナンスの間隔が長くてすむので経済的に助かります)

М.Aさん〔東京都北区 31歳 男性 会社員〕

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

■先生からのメッセージ

スタッフ写真

M.Aさんの体のゆがみを調べていて驚いたのは手の左右差です。

左手が短いのですが、顔が大きく左に傾いていました。左手で顔が左に引っ張られているかのようでした。この事から腰痛は手の左右差の影響が大きいと確信しました。

調整後はご本人も手がラクに伸びるのを実感したくらいです。その後は肩や背中の痛みやダルさも出ました。これは使われていなかった筋肉が働き始めたという事なので、それだけ体を偏って使っていたのです。

この方で難しかったのは格闘技(ブラジリアン柔術)の練習の始めるタイミングでした。かなり腰の痛みも引いてきたので練習を再開したらまた痛みがぶり返したりしました。

再度練習を休む事によって腰も回復し、今では月1回のメンテナンスに移行しました。元気に練習に励んでいます。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

3.腰痛、肩こりが良い状態が1ヵ月続き、体も軽い。 お客様写真
4.疲れても肩こりが気にならなくなり、立っていても腰痛の苦痛がなくなった。遅れていた生理も来て驚いた。体の中では何かものすごい変化が起きているのだと実感。 お客様写真
7.肩こりはほぼ気にならなくなり、腰痛も良い状態を保っています。 お客様写真