改善例38 30年前のヘルニアを思い出す腰痛 [東京都 豊島区 60歳 男性 会社員]

来院の経緯

腰痛のかたがみえました。

 

この方は30年前にヘルニアで2回入院しています。手術は嫌だったので牽引をしました。それで腰や足の痛みは無くなり、30年間何ともなかったそうです。

 

それが2日前に急に腰痛になり、整形外科に行きました。今は痛み止めを飲んでしのいでいます。

 

根本的に改善したかったのですが、痛い療法は嫌なのでネットで検索し、我が 『しんそう池袋西口』 がヒットしたのです (ありがとうございます)。

 

そういえば去年や今年に入ってから腰が痛くなったのですが、すぐに気にならなくなったようです (そろそろ腰に限界が近づいていたのですね)。

 

でも、この方の場合は牽引が効いたのですね。私のところにみえる方は、牽引などが効かないケースの方なんですよね・・・。

症状・痛みの場所

初回の施術

先ずは姿勢(体の形)を見てみると、立った姿は前に傾き、正座をすると猫背です。

 

これが腰痛の原因ですね。

牽引で痛みは取れましたが、原因は取れずに残っていたのです。それで30年経って腰痛が出てきたんですね。

手足の左右差を調べると、右膝が曲がりにくく、右股関節が硬く、左手が短いです。

 

この手足の左右差が立った時の前傾姿勢、座った時の猫背を作り出しているのです。

 

何故なら、体を支えて動かしているのは左右の手足だからです。手足の左右バランスが崩れると姿勢が悪くなってしまうのです。

この腰痛の原因 、30年前にヘルニアになった原因の『ゆがみ』を取るべく手足の左右バランスを調整です。

 

手足を操作しても腰に痛みが出ることなく、何の問題もなく調整は終了しました。

調整後は左右の手足のバランスが整いました。

再度姿勢のチェックです。

立った姿勢は真っ直ぐになり、正座でも背筋も伸びてきました。

 

正座すると『体が伸びた感じ・・・』

立つと『何か違う・・・』そうです。

帰る時は『歩くのがラク・・・』と仰っていました。

 

この方は体のゆがみ具合と痛みの程度から、週2回の調整から始めました。

2回目の施術(週2回の頻度で調整)

2回目にみえた時はもう腰の痛みは感じず、重ダルさだけになっていました。

 

あまりにあっさり腰の痛みが引いたのでキョトンとした感じです。しかし肩がすごく張ったそうです(体が大きく変化したんですね)。

 

この腰の重ダルさが取れるまで週2回のペースで調整を続けました。途中、長距離のクルマの運転もしましたが、腰は大丈夫でした。

5回目の施術(週2回の頻度で調整)

5回目にみえた時は腰の重ダルさは引いていました。足も軽いそうです。

 

これを機に1週間調整の間隔を空ける事にしました(順調ですね!)。

6回目の施術(1週間後)

1週間空けても腰は大丈夫でした。

今度は2週間空けてみる事にしました。

8回目の施術(2週に1回の頻度で調整)

腰は大丈夫ですが、足に力が入っているようです。

 

足の指の動きが悪そうだったので、足指の調整をしました。立ってみると足の指がピタッと床に着くそうです。

 

それまでは指が浮いていたのです。足の指が浮いて体が不安定だったので、足に余分な力が入っていたのですね。

 

もう1回、2週間後に調整をしました。足の指の調整が功を奏しました。お散歩をしている時に何の気なしに走ってみたら走れてしまい、自分でもビックリしたそうです。

 

いよいよ3週間調整の間隔を空けてみる事にしました。

9回目の施術(3週後)

3週間後、9回目の調整にみえた時も腰は大丈夫です。

 

ところが仕事が忙しく、そちらの方が体に負担を与えるので、3週間毎の調整を2回続けました。

11回目の施術(7週後)

最終的に1ヶ月調整の間隔を空け、11回目の調整にみえた時も腰は大丈夫です。

 

ここで再度写真を撮影しました。

手足の左右バランスが整っています。

立った姿勢も真っ直ぐです。

手足の左右バランスが整って真っ直ぐな姿勢になったので腰の負担が取れたのです。

 

めでたく1ヶ月に1回のメンテナンスへと移行です(おめでとうございます)。

代表 深澤のコメント

非常に順調に回復していった例ですね。

 

やはり、体のゆがみという腰痛の原因を取ったのがいいですね。30年以上前から体にくすぶっていた痛みの火種を消すことができました。

 

『近場にこんなに良いところがあったなんて!』と喜んでくださいました。私も大変嬉しかったです。

 

月1回のメンテナンスで良好な状態を保っていただきたいものです。